このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 医療・福祉施設向け防災システム > 火災からまもるために > 火災から入居者を守るためには

  • 火災からまもるために
  • 火災から入居者を守るためには
  • 消防法改正の内容

火災から入居者を守るためには

火災発生時に自力で避難することが著しく困難な者が入所する医療・福祉施設の防火安全対策の強化が図られました。
火災を早期に発見し、手動または自動で消防機関への連絡を行い、居住者の退避時間確保のため警報を発し、放水により火災の進展を遅らせる消火設備が必要です。

火災時の煙などを感知し、火災を在館者に通報する装置

押しボタンや自動火災通報設備の作動により、手動または自動で消防機関に通報する装置

消火器や火災時の熱を感知し、自動的に放水する簡易なスプリンクラー設備