お問い合わせ内容に該当する項目を下記より選択してください。

製品・サービス医療・福祉施設向け防災システム

医療・福祉施設向け防災システム

商品紹介

作動の流れ

火災が発生した場合、感熱開放ヘッダーの作動により、配管内の水が開放型ヘッドから放射され、配管内の圧力低下におり圧力スイッチが作動します。圧力スイッチの作動により、加圧用ガス容器が開放し、かつ当該系統の選択弁が開放し、消火剤貯蔵容器の消火剤が圧送されます。開放型ヘッドからの放射は、所定時間以内に水から消火剤放射に切り替わります。選択弁は、開放から140秒経過した時点でいったん閉止しますが、閉止から30秒経過した後、再度30秒間開放します。以降、消火剤がなくなるまで同様の動きを繰り返します。

作動の流れ(動画)