お問い合わせ内容に該当する項目を下記より選択してください。

IR情報 | 株主・投資家の皆様へ
証券コード:6744 株価情報

社長メッセージ

強靭な「現場力」を礎に飛躍的成長へ

代表取締役社長 岡村武士

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

能美防災は、永年にわたり、「防災事業のパイオニアとしての使命に徹し、社会の安全に貢献する」ことを社是とし、研究開発から設計、製造、販売、施工、メンテナンスまでの一貫体制のもと、災害から生命・財産を守るための最新・最適な防災システムを提供することに努めてまいりました。
そして常にリーディングカンパニーとして、国宝・重要文化財、超高層ビル、トンネル、プラント・工場、住宅、社会福祉施設など、私たちの暮らしに欠かすことのできない各種施設の安全の実現に取り組んでまいりました。

能美防災の防災事業は、さまざまな災害のなかでも特に火災の分野に焦点を定め、自動火災報知設備と消火設備を軸に製品を展開してまいりましたが、刻々と変化する社会において防災の形も常に進化を求められております。
少子高齢化、ライフスタイルの変化、建物・インフラの老朽化、都市や建物の進化など社会の発展とともに火災の対象・現象も変化し、防災に対する新たな課題が顕在化しております。
こうしたなか、能美防災は1世紀にわたり培ってきた技術力と豊富な実績のもと、グループの総合力で新たな課題の解決に臨んでおります。
さらに、防災に関する技術・ノウハウを活用しながら、新しい事業分野へも意欲的にチャレンジしております。

能美防災グループ はこれからも、変化し続ける社会の安全・安心ニーズへ迅速に対応し、飛躍的な成長の実現に向けて取り組んでまいります。

2021年3月期の業績と今後の見通しについて

2021年3月期の連結業績につきましては、社会の安全を維持するため、新型コロナウイルス感染症の感染防止に努めながら事業活動を展開してきた結果、受注高は113,308百万円(前年同期比1.3%増)、売上高は107,897百万円(前年同期比8.0%減)となりました。
利益につきましては、前年同期に比較的採算性の良い物件が集中していたことなどから、営業利益は11,053百万円(前年同期比27.0%減)、経常利益は11,494百万円(前年同期比25.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は7,620百万円(前年同期比27.5%減)となりました。

今後の見通しとしましては、新型コロナウイルス感染症の収束時期が依然として見通せず、不透明な状況が続くものと見込まれます。工事の進捗遅延や民間設備投資の減少が懸念されるなど、新型コロナウイルス感染症が及ぼす影響について注視していく必要があります。

このような状況にありますが、当社グループは2019年度から3年間にわたる中期経営計画「project2021~強靭な「現場力」の構築~」を策定しており、その最終年度にあたる2021年度におきましても、飛躍的な成長へ結びつけるための基盤づくりに取り組んでまいります。

今後とも何とぞ格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 岡村武士 署名