火災から守るために防災について学ぶ

火災から守るために防災について学ぶトップページへ

消火設備の種類

  • 前のページへ
  • 次のページへ

スプリンクラー設備とは

  • 製品ページへ

スプリンクラー設備の詳細

  • 湿式スプリンクラー設備
  • 乾式スプリンクラー設備
  • 予作動式スプリンクラー設備
  • 開放型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備
  • 放水型ヘッド等スプリンクラー設備

スプリンクラー設備は、火災を早期に感知し、かつ、自動的に消火する設備です。
スプリンクラー設備は、使用するヘッドの種類や、配管内の充水等の有無によって、次のように分類されます。

閉鎖型スプリンクラーヘッドは、平常時は水の出口が閉鎖されており、一定の温度に達すると感熱部が作動することによって出口が開放する構造をもったヘッドです。感熱部には、熱により溶融する「ヒュージブルリンク」を用いたものと、ガラスの中にアルコール系の液体を封入した「グラスバルブ」を用いたものがあります。グラスバルブは、熱によって中の液体が急膨張することによりガラスが破裂する仕組みになっています。
高天井になると、天井面での熱の集積が遅くなり、ヘッドの作動が遅れる懸念があります。そのため、閉鎖型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備を設けることができるのは、天井高さが10m以下(物販用途等は6m以下)の部分とされています。
開放型スプリンクラーヘッドは、感熱部が無く出口が常に開放された構造をもったヘッドです。

スプリンクラー設備の詳細

  • 湿式スプリンクラー設備
  • 乾式スプリンクラー設備
  • 予作動式スプリンクラー設備
  • 開放型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備
  • 放水型ヘッド等スプリンクラー設備

火災の原理と設備について