火災から守るために防災について学ぶ

火災から守るために防災について学ぶトップページへ

消火の原理

  • 前のページへ
  • 次のページへ

燃焼の4要素の1つを除去することができれば、燃焼は継続できないため、火を消すことができる。 消火の原理は次のように分類される。

除去消火

周囲の可燃物の除去。ガスコンロのコックを閉める。

冷却消火

燃焼している物質から熱を奪い、着火温度以下に下げる。
消火剤として、一般的には水が用いられる

窒息消火

空気の供給を遮断または、酸素濃度希釈する方法。泡消火、不活性ガス消火。

負触媒作用

ハロゲンなどで火災の酸化作用を抑制し、燃焼の連鎖反応を弱め、
燃焼の継続を不能とする方法。ハロン消火。

が必要である。これら4つを「消火の4要素」という。

火災の原理と設備について