このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > ビル防災システム > 火災から守るために > 法律はどうなっている? > 消防法の体系はどうなっているの?

ビル防災システム

消防法の体系はどうなっているの?

国会が制定する命令です。「消防法」もその一つです。

消防機関の活動や権限、消防設備等の設置や義務、規制などについて、基本的な事項を定めています。

内閣が制定する命令です。消防法では、「消防法施行令」です。

消防法施行のための政令で、消防用設備に関する技術基準、救急業務、消防設備に関する検査等が定められています。

各省の大臣が制定する命令です。消防法では、総務大臣が制定する「消防法施行規則」です。

消防法施行に必要な防火・消防管理者、消防計画等の届出、消防用設備等の設置、維持の技術上の基準、検査、点検等が詳細に定められています。

消防法のうち、危険物の部分について、その委任により、またはその実施のために、必要な規定を定めたものです。

消防法は、一定の消防機械器具等について検定を義務づけています。

火災の予防に関する事項のうち、消防法の委任を受けたものや、地方的な事情により必要とされるもの、
自主的に 安全性効能のため規制すべきもの等について、各市町村において火災予防条例が制定されています。

以下は(市町村)火災予防条例の内容と違い全体をまとめたもの

これらの政令、省令及び条例以外に、詳細な技術基準、運用上の基準および法令の解釈などは、告示、通知、例規(質疑応答)、各自治体の技術基準などから構成されています。