このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > まもるくん > ご購入を検討されている方へ > 法制化の動向

能美防災の住宅用火災警報器「まもるくん」

  • HOME
  • 製品紹介
  • ご購入を検討されている方へ
  • ご購入頂いた方へ
  • 便利でお得なサービス
  • お役立ちコンテンツ

  • ご購入を検討されている方へ
  • 火災の恐さ
  • 住宅火災の実態
  • 火災の状態と温度、煙濃度の関係
  • 煙の驚異
  • 消防法改正の内容
  • 市町村条例による既存住宅への適用日・設置場所
  • 悪質業者にご注意
  • ご購入はこちら

〈無線式連動型〉無線通信に関するご注意

平成16年6月2日消防法を改正する法律が公布されました。施行日は平成18年6月1日とされており、それ以降に新築される住宅には住宅用防災警報器(住宅用火災警報器)を設置および維持しなければなりません。
また、既存住宅については、各市町村の火災予防条例により経過期間を定め、それ以降は新築と同様に住宅用防災機器の設置および維持の義務が生じます。

住宅用防災機器の設置および維持に関する詳細については、政令・省令により基準が定められ、 これらの基準をもとに策定した条例(例)が通知されました。
この条例(例)をもとに各市町村ごとに火災予防条例が改正されました。

注意

注)各市町村の火災予防条例により、
 1)台所や居室などに取り付けが義務付けられている場合があります。
 2)取付場所、取付位置(煙式、熱式)が定められます。
詳細については、お近くの消防署にご確認ください。

市町村条例による既存住宅への適用日・設置場所