このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > まもるくん > ご購入頂いた方へ > 取扱説明 > 定期点検・確認の仕方

能美防災の住宅用火災警報器「まもるくん」

  • 製品紹介
  • ご購入を検討されている方へ
  • ご購入頂いた方へ
  • 便利でお得なサービス
  • お役立ちコンテンツ

  • ご購入頂いた方へ

定期点検とお手入れ方法

定期点検のしかた(テスト)

煙感知部や熱感知部にホコリなど異物が付着していないか確認してください。

ホコリやクモの巣などの異物が感知部および周辺に付着している場合は、掃除機 で取り除いてください。
そのままの状態で使用すると火災の感知が遅くなったり、感知できない場合があるほか、誤作動の原因にもなります。

テスト方法

●テスト結果は、0番「ゼロバン」(親器番号)または00「ゼロゼロ」(親器未登録)を鳴動してから報知します。
●電波異常のときは、通信ができなかった△番(子器登録番号)を報知します。

●テスト結果は、子器登録番号または99「キュウキュウ」(子器未登録)を鳴動してから報知します。
 (正常および電波異常の場合は、報知に約20秒かかります。)
●電波異常のときは、通信ができない0番「ゼロバン」(親器番号)を報知します。

単独テストを行い、テスト結果が正常以外の場合は、結果の対処№より下表を参照のうえ、
適切に対処してください。

テスト方法

連動登録しているうちのどれか1台を以下の要領で操作しテストしてください。

※周囲の環境によっては延びる場合があります。

注)電池切れ警報および機器異常警報時でも火災警報を鳴動して連動確認ができます。
注)電波異常警報を発している機器でも他の機器と連動する場合があります。

注)操作元が未登録機器である場合は、連動テストができません。
  黄色紙の「登録・設置説明書」を参照のうえ、登録作業をしてください。

注)テストが正常にできませんでした。しばらくしてから再度連動テストをしてください。