このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 設備から探す > 自動火災報知設備 > P型火災/複合火災/ガスもれ複合火災受信機 > 地図式進P

P型1級火災・複合火災受信機 自動火災報知システム

地図式進P

FAPJ104Sシリーズ、
FCSJ104Sシリーズ

自動試験機能付P型自動火災報知システム地図式 進PⅢ

  • 製品紹介・概要

回線数を70回線まで拡充

回線数は10回線ごとで10~70回線まで拡充しま した(7機種)。従来の30回線(1機種)のみだっ た地図式進PⅡから大幅に拡充しました。

  • 10回線はFAPタイプ(火災受信機)、20~70回線はFCSタイプ(複合火災受信機)

部屋番号表示機能を標準装備

火災時に部屋番号がデジタル表示されるため迅速な対応ができます。学校や福祉施設の職員など、不慣れな方が対応する場合などに適しています。
地図表示上では警戒区域ごとのエリアを地区灯で表示し、その詳細(部屋番号)についてはデジタル表示で確認できます。

地図表示はA2、A3サイズの2タイプ

地図表示は、10〜40回線用としてA3サイズ相当 と、50〜70回線用として、A2サイズ相当を設けま した。これにより、回線数が多くても地図表示が見やすくなるようにしました。

見やすい地図表示

  • 警戒表示は、地図シート上の警戒区域図と地区灯で表示します。
  • 火災警戒区域色を従来の4色から12色に増やし、 見やすい地図表示としました。

自動試験機能付きで、より高機能なシステムに

1回線にP-AT感知器(進PⅢ感知器※1)が60個接続可能

部屋番号表示機が接続可能(最大3台まで)

表示機が設置されている病院のナースステーションやホテルのフロント、管理室など火災時に部屋番号が表示されるため迅速な対応ができます。

表示機の追加や他設備への移報接点の追加など増設が可能です。また、受信機との接続はRS485伝送のため、少配線で離れた場所に設置が可能です。

感知器接続パターン

多彩なシステムを構築可能

システムをすべて自動試験機能対応とすることをお すすめしますが、特定のエリアだけ、特定の感知器 (ポイント)だけを対象としたシステムも自在に構 築可能。建物の用途や規模に応じた運用ができます。

地絡検出機能を装備

システムを正常に維持するため感知器配線の絶縁を常時監視する地絡検出機能を装備しています。

復帰対応を標準で装備(FCSJのみ)

防排煙復帰対応を標準装備しました。データベース設定により、1回線から復帰制御の設定が可能です。 注)1つの復帰付防排煙端末につき、防排煙回路2 回線(起動、復帰各1回線)使用します。

盤面操作により各種設定が可能

連動マトリクスの設定、空き回線処理、回線別蓄積解除など、すべての設定が盤面操作により行えるので、施工時はもちろん、施工後の変更も容易です。

盤面データ設定の作業性向上

十字スイッチ、テンキースイッチの装備やデジタル表示の活用により、盤面データ設定の作業性が向上しました。また、設定用の専用シートが不要になりました。DBTOOL(専用ソフト内蔵パソコン)を用いて設定することも可能です。

感知器接続数の確認が可能

P-AT感知器の回線ごとの接続数、または全回線の総数を確認できます。

音声警報機能を装備

盤面の表示や警報音に加え、音声によって火災発生や異常をお知らせする、音声警報機能を搭載。より迅速な対処を可能にします。

履歴リスト機能を装備

火災などの警報や受信機での操作結果を記憶する「 通常履歴」と自動試験の結果を記憶する「自動試験履歴」があり、それぞれ最大10,000件を記憶することができます。

製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。