このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 設備から探す > 自動火災報知設備 > R型防災システム > R-26Eシステム

  • 複合GR型システム
  • R-26Eシステム

業界No.1※1のシステム容量
あらゆる超高層ビルを一括管理

100万㎡級の超大規模建物を一括管理できるシステム容量を実現。
研究開発から設計、施工、メンテナンスまでを一貫して行うノーミだからできる、
機能もデザインも進化した新しいGR型システムです。

  1. 1.2019年11月現在 国内メーカー複合GR型システム 当社調べ
複合GR型システム R-26E ラインアップ
    • メタルケーブル
    • 光ファイバケーブル シングルモード
    • 光ファイバケーブル マルチモード
    • メタルケーブル
    • 光ファイバケーブル シングルモード
    • 光ファイバケーブル マルチモード
    • メタルケーブル
    • 光ファイバケーブル シングルモード
    • 光ファイバケーブル マルチモード
  1. 2.R-26E/R-26E[非常電話一体型] 受信機に接続できます。主中継器に非常電話用中継器は接続できません。

最大系統数は従来の2※3

受信機は最大4系統(1,020アドレス)、主中継器(LM:リンクモジュール)は最大8系統(2,040アドレス)で64台まで接続でき、システム全体で最大516系統(131,580アドレス)まで対応できます。

  1. 3.(従来品)
    R-24EⅡ:
    最大258系統(65,790アドレス)
    受信機:最大2系統(510アドレス)
    主中継器:最大4系統(1,020アドレス)×64台
  2. 4.国内メーカー複合GR型システム 当社調べ

最大50kmの防災LANで余裕の広域対応

光ファイバ(シングルモード)では、機器間の距離は最大10km※5まで対応できます。

  1. 5.
    • メタル:最大機器間長 600m 最大ループ長 19.2km
    • 光ファイバシングルモード:最大機器間長 10km 最大ループ長 50km
    • 光ファイバマルチモード :最大機器間長 2km 最大ループ長 20km
    • 光ファイバ方式とメタル方式は混在できますが、シングルモードとマルチモードは混在できません。

故障時や断線時もシステムの機能を維持

【防災LANのループ配線】
防災LANをループ配線することで、機器間の幹線が1カ所断線した場合でも、システムの機能を維持することができます。
【自律分散型システム】
万一受信機が故障した場合でも、各主中継器がそれぞれ単独で連動制御動作を行い、システムの機能を維持します。

目的に合わせた最適なシステム構築が可能
超高層ビル、広域建物に幅広く対応

業界No.1のシステム容量を活用して、ニーズに合わせた柔軟なシステム構築ができます。
当社ではシステム設計のコンサルティングから、設備設計、施工管理・メンテナンスまで
一貫してサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。

メリット1

シンプルなシステムにしたい

主中継器の系統数をアップして台数を削減

系統数が増えたことで主中継器を集約し、設置台数の削減が可能です。
これにより、定期交換部品も減らすことができます。

超高層ビルに有効
メリット2

システムリスクを分散したい

主中継器を複数設置してオールダウンを防止

万一受信機が故障した場合でも、主中継器内や主中継器間の連動制御が行えます。

工場や空港などの
広域建物に有効
メリット3

スペースを有効に活用したい

非常電話一体型の導入で、防災センターの設置スペースを削減

R-26E受信機を〔非常電話一体型〕とし、非常電話用中継器をローカルに設置することで、
非常電話盤のキャビネットスペースを削減することができます。

GR型受信機と非常電話盤を一体化し、
省スペース化を実現
  • 非常電話用中継器※6をローカルに設置することで省スペース化・省線化が可能
  • 非常電話は最大900回線を実現
  • 送受話器を取り上げ、LCD画面で容易に操作
  • スッキリとした非常電話親機操作部
  • 非常電話子機の呼び出しが可能
  1. 6.非常電話用中継器は主中継器には接続できません。

製品の仕様その他の詳細はWEBカタログを参照下さい。


製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。