このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 設備から探す > 消火設備 > 水噴霧設備

  • 水噴霧設備

水噴霧設備の効果 

消火(Extinguishment)

噴霧による冷却効果、発生する水蒸気による窒息効果、可燃性液体表面の乳化作用、水溶性の液体に対しての希釈効果、または、これらの組合わせにより消火を行います。

燃焼抑制(Controlled Burning)

水噴霧により火災の拡大を抑制します。

延焼防止(Exposure Protection)

火災からの伝導熱や輻射熱に曝される機器、装置の内圧上昇や構造物の強度低下をコントロールします。

能美のシステム機器

水噴霧ノズル

一斉開放弁

水噴霧設備の適用対象物

水噴霧設備の構成

火災検知器起動方式

平常時、一斉開放弁の一次側まで充水されています。防護対象物の周囲あるいは天井面に火災時に発生する熱、煙あるいは炎を検知する火災検知器を配置します。火災検知器が作動すると、一斉開放弁が開き、水噴霧ノズルより一斉に放水が行われます。電気的な手動起動押釦の操作や、遠隔からのパイロット弁操作によってもシステムを起動できます。

スプリンクラーヘッド起動方式

噴霧消火用配管とは別に火災検知器用配管を設けます。火災検知器用配管には閉鎖型のスプリンクラーヘッドが取り付けられ、常時充水加圧状態が維持されています。火災時に発生する熱によりスプリンクラーヘッドが作動すると、火災検知器用配管内圧力が低下して一斉開放弁が開き、水噴霧ノズルより一斉に放水が行われます。

屋外変圧器水噴霧設備 計画例

製品の仕様その他の詳細はWEBカタログを参照下さい。


製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。