お問い合わせ内容に該当する項目を下記より選択してください。

製品・サービス消火設備

パッケージ型消火設備

施工性と操作性がさらにアップ。■ 両開き扉の採用で、設置場所がより自由に。 ■全てが一体化されたパッケージ型。だから、施工が簡単。 ■ 小型・軽量化により、運搬・施工が容易に。

施工性と操作性がさらにアップ。■ 両開き扉の採用で、設置場所がより自由に。 ■全てが一体化されたパッケージ型。だから、施工が簡単。 ■ 小型・軽量化により、運搬・施工が容易に。

パッケージ型消火設備は、『必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等〔客観的検証法(ルートB)〕』として位置付けられています。

平成16年5月31日付 総務省令第92号

屋内消火栓設備の代替設備として

屋内消火栓設備を設置しなければならない防火対象物のうち一定規模以下の防火対象物に、屋内消火栓設備の代替設備として設置できます。

  • 地階、無窓階または火災のとき煙が著しく充満するおそれのある場所や地下街の他、13項駐車場、14項倉庫および指定可燃物を貯蔵する部分などには設置できません。
  • 防火対象物の階ごとに、その階の各部分からホース接続口までの水平距離が20m以下に設けること、また防護する部分の面積は、850mm以下とすること。
  • 温度40度以下で、温度変化が少ない場所に設けること。(本消火設備の使用温度範囲は-10~40℃です。)
  • 直射日光および雨水のかかるおそれの少ない場所に設けること。
  • 保守点検:消火設備は消防法により、機器点検は6ヵ月に1回、総合点検は1年に1回行うように定められています。

特長

両開き扉の採用

設置場所により右開き左開きを選択する必要がなくなり、現場の急な設置場所変更にも対応可能。消火の際の操作性も向上しました。

施工が簡単

格納箱に貯蔵容器、加圧ボンベ、ホースなどが組み立て済みなので、現場での作業が簡単。設置して表示灯を取り付け、薬剤を充填すれば作業が完了します。

小型・軽量・一体化

コンパクト設計で、設置場所に困りません。
納入時の質量は約77kg(消火薬剤含まず)と軽量で運搬・施工が容易です。

ラインアップ

パッケージ型消火設備I型 露出型外観・寸法

パッケージ型消火設備I型 露出型外観・寸法

パッケージ型消火設備I型 露出型外観・寸法

パッケージ型消火設備I型 仕様

型名 MRW-802
認定番号 PG-037型
格納箱 質量 約175kg(消火薬剤含む)
外形寸法 H1400×W700×D250mm
材質 SECC(電気亜鉛メッキ鋼板 t:1.0mm)
塗装色 マンセル 2.5Y9/2
消火剤 種別 第三種浸潤剤等入り水
薬剤型式 品評剤第27~2号
薬剤量 80L
使用温度範囲 -10℃~+40℃
加圧用ガス 窒素ガス
加圧用ガス容器弁型式 品評弁第59~1号または、よ-176号
表示灯 AC100V/AC・DC24V
放射ホース 方式 ボール弁開閉式
外径×内径×長さ 20.8mm×11.8mm×25.5m
放射距離 13~15m
放射量 20.8L/分
放射時間 約220秒