このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 設備から探す > 消火設備 > 中規模空間用放水型ヘッド等スプリンクラー設備「SR100システム」

  • 中規模空間用放水型ヘッド等スプリンクラー設備
  • SR100システム

特長

火災感知から放水までを自動化

SR100システムは、可動式の放水ヘッド等スプリンクラー設備です。自動火災報知設備の火災信号により起動し、SRノズルの感知部で火災を探査・確定した後、放水部を火災火源方向に自動指向して放水します。
SRノズルを複数台設置した場合には、消火に最適なSRノズルを自動的に選択し、放水する効率的・効果的なインテリジェント自動消火システムです。また自動放水後も、操作盤の押釦操作により、火災状況に応じて放水区域を容易に変更できます。

高信頼性の火源検出

自動火災報知設備の感知器(炎感知器または煙感知器)と、SRノズルの感知部(赤外線リニアセンサおよび炎検知器)による複数の感知部で火災火源を確実にとらえます。
さらに、SRノズルの感知部は定期的に自動でセルフチェックを行うことで信頼性を維持しています。

局所放水だから小水量

可動式ヘッドによる局所放水だから、放水量は標準900L/minと小水量。併設するスプリンクラー設備と加圧送水装置を共有することも可能です。また、水源水量も少なく済み、スプリンクラー設備全体で大幅なコスト低減がはかれます。

建築空間の美観をまもる格納式

SRノズルは、感知部や放水部などの機構部をパネルで覆い、壁内部にすっきり格納されます。しかも、周囲の壁の色や材質に合わせることができる化粧パネルなので、人目が多く集まるアトリウムなどの建築にも調和して美観をまもります。
さらに、SRノズル1台あたりの警戒面積が広いため、壁面に設置する機器数も少なく済みます。

機器劣化を最小限に抑制

SRノズルは自動火災報知設備の信号により起動するため、常時稼動している部分がなく、機器の劣化・磨耗を最低限に抑制でき、機器のライフサイクルコストが少なく済みます。

定期交換部品について

SR100システムを構成する機器・部品には長寿命のものを使用していますが、永久に使用できるものではありません。
設備を維持管理するために定期的な部品交換をお薦めします。
詳細は当社へお問い合わせください。

製品の仕様その他の詳細はWEBカタログを参照ください。


製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。