このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 設備から探す > その他 > 清掃工場防災システム > 清掃工場防災システム【ピットセイバー】

  • 清掃工場防災システム
  • ピットセイバー

都市生活における膨大な量の日常のごみや産業廃棄物の処理をおこなう清掃工場では、施設の自動化・省力化を 推進する一方で、万一の火災時にはその処理機能が損なわれ、大きな社会問題になりかねません。
ノーミでは大規模なものでは横幅100m近くにおよぶごみピットから、 小規模なものまでさまざまな規模に対応する、ワイドなシステム構築を実現。
ごみピット内をくまなく監視する機能と、適確な効果を発揮する消火システムをラインアップ。
状況に応じて最適なハード&システムをご提供いたします。

自動放水銃システム 【発火監視装置+自動放水銃装置】

本システムは、天井に設置した発火監視カメラ、上部に設置した自動放水銃、クレーン操作室の発火監視装置・放水銃制御盤・放水銃操作盤、そして消火ポンプなどにより構成されています。
火災のごく初期の段階に、発火監視カメラで火災発生位置を検出(表面温度監視:炎が発生する前の高温部分を検知)。その位置情報により自動放水銃が照準を合わせ、フルオートの放水・消火を行うシステムです。

手動放水銃システムもラインアップしています。

特長

ノーミ独自のきわめてきめ細かな走査による監視もれのない高精度スキャニングシステムを採用しています。
ごみ表面の高温部分を検知するので、炎が発生していない状況でも検知可能です。
発火監視装置と自動放水銃による高精度の自動照準放水を可能にします。
火災位置に応じてストレート(棒)/ミドル(中間噴霧)/ワイド(噴霧)までの放水パターンを選択します。
ごみクレーンの自動運転による無人化に対応。迅速な初期消火を実現します。
泡消火薬剤添加により、消火・抑制効果を向上させるパッケージ型消火剤添加装置(ピットセイバープラス)もあります。(オプション)
自動放水銃
発火監視画面
工場の状況により発火温度/警戒上昇値を変更可能
セルフテスト機能により発火検知から警報出力までの一連の動作を発火監視装置にて確認可能
監視履歴にて現在までの運用状況を確認可能
設備機器

製品の仕様その他の詳細はWEBカタログを参照下さい。


製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。