このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 設備から探す > 自動火災報知設備 > 赤外線3波長式炎検知器 > InfrexEye

  • 赤外線3波長式炎検知器 防爆構造
  • InfrexEye

炎に特有なCO2共鳴放射と、ちらつきを検知。高度でありながら、
耐非火災報性能が高く、直射日光や人工照明下でも設置が可能です。

※ナトリウム灯、水銀灯、蛍光灯、殺菌灯、ハロゲン等

ノーミの赤外線3波長式炎検知器(PDCJ002-E)は、物が燃焼するときに発生する、炎からの放射エネルギー(CO?共鳴放射)と炎のちらつきを捉えることにより、炎をともなう火災を速やかに検知するものです。
赤外線3波長式炎検知器は、従来の感知器が捉えにくかった換気流や外気流のある場所や、高天井の場所でも火災をすばやくキャッチ。防爆構造を採用し、防爆エリアの火災監視に最適な好感度検知器です。

特徴

防爆構造
防爆エリアなどの環境下でも使用できます。
高感度
60m先の33cm角ノルマルヘプタン火皿の炎をキャッチします。
信頼性の高い火災検知を実現
CO2共鳴放射帯域の3つの波長帯のエネルギー強度と、炎のちらつきを高度なアルゴリズムにより『火災』の判断をし、非火災報を抑制します。
高感度
IP66相当の防じん・防水性能を有しており、屋外設置も可能。

主な用途

以下の用途に適しています。

製品の仕様その他の詳細はWEBカタログを参照ください。


製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。