? 防災設備のご案内 | 消火設備 | ガス系消火設備 | 消火システムNE-1 PACKAGE TYPE | 能美防災株式会社
このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 設備から探す > 消火設備 > ガス系消火設備 >消火システム NE-1 パッケージタイプ

  • ガス系消火設備
  • 消火システム NE-1 パッケージタイプ

特長

優れた環境特性

消火システムNE-1パッケージタイプの消火剤であるFK-5-1-12(商品名 Novec™1230)は、大気寿命が5日、地球温暖化係数(GWP)もわずかに1(従来のハロゲン化物消火剤に比べて数千分の一以下)、オゾン破壊係数(ODP)もゼロで、将来にわたって継続使用が可能な消火剤です。
これまでのハロゲン化物消火剤がクリアできなかった環境ソリューションをNovec™1230がご提供します。

消火剤 Novec™1230 HFC-227ea HFC-23 ハロン1301
地球温暖化係数 (GWP) <1 2900 11700 6292
大気残存年数 0.014(5日) 31 280 70~100
オゾン破壊係数 (ODP) 0 0 0 10

●Novec™1230は、米国EPA のSNAPリストおよびNFPA2001第4版にリストアップされています。
●Novec™1230は、欧米では2003年から導入が開始され、コンピュータルーム、通信施設などに多数設置されています。

優れた電気絶縁性

Novec™1230は、“不思議な濡れない水”といわれているとおり、液体のNovec™1230に電気機器を浸しても機能を損なうことはありません。
電気絶縁性にすぐれているので、サーバ室、コンピュータ室、ブロードバンド通信基地局、電気室などにも安心して設置していただけます。

優れた消火性能

Novec™1230は、消火性能が優れていますので、貯蔵容器の本数は、他のハロカーボン系新ガスと同程度で済み、貯蔵容器設置場所の省スペース化が図れ、貯蔵容器の設置スペースに制限がある場合に適しています。
また、避圧口の面積もHFC-23の1/3程度で済み、避圧口の確保が難しい既設用途のリニューアルにも適しています。

用途

小規模の防火対象物に適しています。
通信機械室 電気室 制御室 ケーブル室 フィルム保管庫 機械室 書庫 美術品保管庫  など

システム構成

パッケージは防護区画内・外に設置することができます。

注意事項
1.避圧装置

消火剤放出の際、防護区画内の圧力が上昇するため、圧力上昇を緩和する避圧装置が必要となります。

2.排出装置

燃焼物質から発生する分解生成ガスおよび消火後の消火剤を排出するために、排出装置が必要となります。

3.放射音の影響

消火剤放射時は大きな放射音がします。近年のハードディスクドライブ(HDD)などの精密機器は音の影響を受けるおそれがあります。 ハードディスクドライブが設置される通信機室、電算機室、サーバー室などに本設備を設置する場合、HDD保護のために、HDDの格納ラックなどの防音や 防振化対策(吸音材、防振材の採用など)、消火剤放射開始前のHDD保護措置(HDD停止、磁気ヘッド退避など)、 HDDの耐音性向上やデータ保護対策(データバックアップなど)、その他の措置も考えられますが、 お客様において、上記措置の全部または一部を採用された場合でも、HDDの作動性能を保証するものではありません。

製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。