IR情報 | 株主・投資家の皆様へ

証券コード:6744
株価情報

経営方針

社長メッセージ

輝く創立100周年に向けて

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

能美防災は、2016年12月に創立100周年を迎えました。
永年にわたり、「防災事業のパイオニアとしての使命に徹し、社会の安全に貢献する」ことを社是とし、研究開発から設計、製造、販売、施工、メンテナンスまでの一貫体制のもと、災害から生命・財産を守るための最新・最適な防災システムを提供することに努めてまいりました。
そして常にリーディングカンパニーとして、国宝・重要文化財、超高層ビル、トンネル、LNG基地、住宅、社会福祉施設など、私たちの暮らしに欠かすことのできない各種施設の安全の実現に取り組んでまいりました。

当社の防災事業は、さまざまな災害のなかでも特に火災の分野に焦点を定め、自動火災報知設備と消火設備を軸に製品を展開してまいりました。
少子高齢化、ライフスタイルの変化、建物・インフラの老朽化、都市や建物の進化など社会の発展とともに火災の対象・現象も変化し、防災に対する新たな課題が顕在化しております。
こうした課題の解決に向けて、新たな防災ニーズに対応した防災システムを、国内はもとより世界に対してどこよりも迅速・適切に提供し続けることが私たちの使命であると考えております。

これからも社会の変化に対応する次世代防災システム・サービスを創造・提供し続けることにより、「防災のことなら能美に頼め」と言われるような圧倒的な信頼を得られますよう全社一体となって努めてまいります。

2017年3月期の業績と今後の見通しについて

2017年3月期の連結業績につきましては、中期経営計画の初年度として積極的な営業活動に努めた結果、受注高は97,946百万円(前年同期比0.3%増)、売上高は95,328百万円(前年同期比5.3%減)となりました。
利益につきましては、営業利益は10,190百万円(前年同期比4.5%減)、経常利益は10,425百万円(前年同期比3.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は6,942百万円(前年同期比4.7%増)となりました。

今後の見通しとしましては、市場が堅調に推移することが期待されるものの、労務費や原材料価格の動向等に留意が必要な状況は今後も続くものと思われます。

このような局面に対処するため、当社グループは2016年度から3年間にわたる中期経営計画「project30~次世代防災への進化~」を策定しており、その2年目にあたる2017年度におきましては、以下を重点方針として目標達成を目指してまいります。

今後とも何とぞ格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 藤井清隆