このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > 施設から探す > トンネル防災システム

トンネル防災システム

トンネル防災システム

導入例 道路トンネル、鉄道トンネル、橋梁

通報設備

火災検知器

火災検知器はトンネル内で発生した火災をすばやく検知して防災受信盤に火災の発生と位置を通報します。
二波長ちらつき式という検知原理を採用しており、信頼度が高く、汚損にも強い特徴を持っています。
また、3車線断面や伝送方式のトンネルにも対応可能となっています。

中継増幅盤

中継増幅盤は伝送方式のトンネルにおいて、火災検知器や押釦からの通報信号を防災受信盤まで中継します。
また、伝送線の断線、短絡、中継増幅盤の故障が起きた場合でもシステムに影響を及ぼさない機能もあります。

防災受信盤

防災受信盤は坑口の電気室に設置されており、押釦式通報装置、火災検知器などの通報装置から火災・事故の発生や発生場所を示す信号を受信・表示し、消火・水噴霧設備を制御します。また、遠制・警報・換気・照明・監視設備などの他設備に火災信号を伝えます。

消火設備

消火器

消火器はトンネル内で発生した火災に対する初期消火用のもので、通常は消火器格納箱内に2本格納されています。また、格納箱には押釦式通報装置も併設されています。

消火栓

消火栓はトンネル内で発生した火災に対する初期消火用の放水設備で、一人でも容易に放水操作が可能です。
また、消火器2本、押釦式通報装置も併設されています。

泡消火栓

都市部のトンネルに多く設置されている消火栓で内部に水成膜の泡消火薬剤タンク、薬剤と水を混合する混合器を備えており、ノズルから泡を放水します。消火栓と同様に消火器2本、押釦式通報装置も併設されています。

水噴霧設備

自動弁装置

水噴霧設備はAA級トンネルなど規模の大きなトンネルに設置される設備で、トンネル内で発生した火災に対し霧状の水を放水することで火勢を抑制し、トンネル自体と他設備を防護する機能を持っています。
自動弁は水の放水を制御する弁で、遠隔操作によって弁を開閉することができます。通常は自動弁格納箱内部に設置されています。

水噴霧ヘッド

水噴霧ヘッドはトンネル内で発生した火災に対し霧状の水を放水するためのノズルです。トンネルの断面形状や車線幅によって放水水量や放水形状が変化するため、トンネル毎に適切なヘッドを設置する必要があります。

サービスエリア

製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。