このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > お客様に最適なシステム

お客様に最適なシステム
R-AT(R型自動試験機能付)アナログ式感知器

●火災と防排煙連動が1つの感知器で兼用できます。
●感度切替機能により夜間監視に対応できます。(R-24シリーズの場合)
●注意表示により、火災発生に対して迅速に対応できます。(R-24シリーズの場合)
●火災発生場所が感知器ごとに特定できます。
●自動試験機能付のため、定期点検時の加熱・加煙試験など点検項目の一部が免除されます。

R-AT(R型自動試験機能付)感知器

●火災発生場所が感知器ごとに特定できます。
●自動試験機能付のため、定期点検時の加熱・加煙試験など点検項目の一部が免除されます。

P-AT(P型自動試験機能付)感知器

●自動試験機能付のため、定期点検時の加熱・加煙試験など点検項目の一部が免除されます。
●P型(進Pシリーズ)、R型(R-24シリーズ)どちらにも接続することができます。
●リニューアル時、既存の配線をそのまま使用できます。
●P型(進PII、進PⅢ)R型(R-24CⅡ、R-24EⅡ)に接続した場合、アドレス表示、部屋番号表示(進PⅡの場合は、形式がH付の受信機)ができます。
●R型(R-24シリーズ)に接続した場合、間仕切り変更などで発生するデータベースの変更を行わずに対応できます。
注)変更内容によって、データベース変更が必要な場合があります。

一般型感知器

●間仕切り変更に容易に対応できます。

場所 問題点・要望 R-AT
アナログ式
感知器
R-AT
感知器
P-AT
感知器
一般型
感知器
高天井の場所 点検時に足場を組む必要がある  
高圧電気室 点検するのに危険な場所がある  
サーバー室 火災を早期に発見したい      
ホテルの客室 客室に容易に入れない  
火災を部屋ごとに表示したい ○ ※1  
火災時の混乱を防ぎたい      
湯気による誤報を減らしたい   ○ ※2 ○ ※2  
病院の手術室/ICU/
無菌室/病室
プライバシーを重視したい  
火災を部屋ごとに表示したい ○ ※1  
火災を早期に発見したい      
事務所などの重要資料室 セキュリティを重視したい  
美術館・博物館などの展示室 展示品などの被害を防ぎたい      
共同住宅などの住戸内 プライバシーを重視したい  
アドレス数を増やしたくない    
老人福祉施設の部屋内 プライバシーを重視したい  
火災を部屋ごとに表示したい ○ ※1  
火災を早期に発見したい      
アドレス数を増やしたくない    
ショッピングセンター 間仕切り変更が多い    

※1 進PⅡ、進PⅢ・R24-CⅡ、R-24EⅡに接続した場合
※2 湯気環境強化型感知器を使用した場合

製品・サービスに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にこちらまで。