火災から守るために防災について学ぶ

火災から守るために防災について学ぶトップページへ

消防法の体系はどうなっている?
物が燃える原理には4つの要素から成り立っています。
消防法はいつできたの?
燃焼の4要素の1つを除去することができれば、燃焼は継続できないため、火を消すことができる。
消防法の目的は?
火災を見つける/火災を消す(抑制)/炎を防ぐ/避難する/など
消防法用設備等の設置・義務付けは?
自動火災報知設備とは、感知器が熱や煙を感知し、受信機に火災信号などを送り知らせます。
消防法用設備等の種類は?
消火器/屋内消火栓設備/スプリンクラー設備/水噴霧消火設備/など

火災の原理と設備について