このページを印刷

能美防災HOME > 製品・サービス > まもるくん > ご購入頂いた方へ > 取扱説明 > 警報音の停止方法

能美防災の住宅用火災警報器「まもるくん」

  • 製品紹介
  • ご購入を検討されている方へ
  • ご購入頂いた方へ
  • 便利でお得なサービス
  • お役立ちコンテンツ

  • ご購入頂いた方へ

警報器の停止方法

火災警報を感知元で停止したとき

『警報停止/テスト』ボタンを押す(引きひもがある場合は引く)と約5分間
すべてのまもるくんの警報音が停止します。(連動先は直ぐに停止しません。)
警報音停止中は感知元警報器の表示灯[赤]がゆっくり点滅し続けます。
約5分経過後も感知元が煙または熱を感知している場合は、すべてのまもるくんが再鳴動します。
警報音停止中の5分間に連動先のいずれかのまもるくんが煙または熱を感知した場合は、
感知元は感知元動作、連動先は連動先動作で再鳴動します。

火災警報を連動先で停止したとき

『警報停止/テスト』ボタンを押す(引きひもがある場合は引く)と約5分間連動先のすべてのまもるくんの警報音が停止します。(連動先で感知元(火元)の警報器は停止できません。)
約5分経過後、感知元(火元)が火災警報動作を継続している場合は、再度連動先すべてが連動警報音を 再鳴動します。
連動先の火災警報音停止中に、連動先のいずれかのまもるくんが煙または熱を感知した場合は、
感知元は感知元動作、連動先は連動先動作で再鳴動します。

電波異常警報

親器⇔子器間の電波状態を定期的に自動で試験し、電波状態に異常があった場合、
次のような警報音と表示灯[橙]が約1分ごとに2回点滅してお知らせします。

ホームページ『定期点検・確認のしかた』の『1.単独テストをする』を参照し、電波異常警報中の警報器をテストのうえ、対処方法にしたがい、適切に処置してください。
注)処置後は該当する子器をテストし、正常に動作することを確認してください。
注)電波異常警報は連動しません。

親器の場合『警報停止/テスト』ボタンを押す(引きひもがある場合は引く)と
音声で電波異常をお知らせし、約24時間警報音が停止します。
子器の場合『警報停止/テスト』ボタンを押す(引きひもがある場合は引く)と 電波試験を行い、
電波異常が継続中の場合は、音声で電波異常をお知らせし、 約24時間警報音が停止します。
電波異常でなくなっている場合は、火災警報が 鳴動し、正常に復旧します。
警報音停止中は、表示灯[橙]が10秒ごとに2回点滅します。
電波異常が継続中の場合は、警報音停止操作をするごとに単独テストの後、音声で電波異常警報をお知らせし、
最後の操作から約24時間警報音を停止します。

電池切れ警報

専用リチウム電池の電池電圧が低下して電池の寿命が近づくと、次のような警報音と
表示灯[赤]が約1分ごとに(1+4)回点滅してお知らせします。

販売店にご相談のうえ、すみやかに新しいまもるくんまたは電池と交換してください。
子器を交換する場合は、子器の登録を消去し、新しい子器を親器に登録してください。
(黄色紙「登録・設置説明書」を参照ください。)
親器を交換する場合は、新しい親器に、設置しているすべての子器を登録してください。
(黄色紙「登録・設置説明書」を参照ください。)
電池を交換した場合は、正常に動作するか、テストしてください。
電池切れ警報は連動しません。
『警報停止/テスト』ボタンを押す(引きひもがある場合は引く)と音声で電池切れ警報をお知らせし、
約24時間警報音が停止します。
警報音停止中は、表示灯[赤]が10秒ごとに1回点滅します。
警報音停止操作をするごとに音声で電池切れ警報をお知らせし、最後の操作から約24時間警報音を停止します。

機器異常警報

煙感知部または熱感知部の自動試験を行い、正常に火災を感知できなくなった場合、
次のような警報音と表示灯[赤]が約1分ごとに3回点滅してお知らせします。

すみやかに新しいまもるくんと交換してください。
子器を交換する場合は、子器の登録を消去し、新しい子器を親器に登録してください。
(黄色紙「登録・設置説明書」を参照ください。)
親器を交換する場合は、新しい親器に、設置しているすべての子器を登録してください。
(黄色紙「登録・設置説明書」を参照ください。)
機器異常警報は連動しません。
『警報停止/テスト』ボタンを押す(引きひもがある場合は引く)と音声で機器異常警報をお知らせし、
約24時間警報音が停止します。
警報音停止中は、表示灯[赤]が10秒ごとに3回点滅します。
警報音停止操作をするごとに音声で機器異常をお知らせし、最後の操作から約24時間警報音を停止します。